otoiによるレビューあれこれ

慶應通信文学部第3類70期秋。通信の学習状況、書評、趣味の語学について綴りたい。

神保町三省堂が素晴らしい

こんにちは、おといです。

昨日は台風の影響でお店が早く閉まったので、仕入れをしたり勉強したりしていました。

ここ最近、日課のように神保町の三省堂書店に行っているのですが、

フランス文学の棚でなんと...

ジョルジュペレックの見出しを発見。


こんな書店見たことない。

素晴らしいぞ、三省堂

(画像の印は気にしないでください...)

アマゾンなどで価格が高騰しかけている、水声社さんの本を中心に、どっしりの棚に構えておりました。

みんな、三省堂へ急げ。

全部欲しいけれど、決して安い買い物じゃないのですぐに買えるかどうか...

あなたが買わないなら、私が買い占めますよ。


今朝は簡単な記事で失礼します。

今日も1日頑張りましょう!




古本屋見習い日記その4〜禁欲って難しい

8/16

こんにちは、おといです。

夜勤明けでほぼ徹夜状態。

今日も古本屋として頑張りました。



今日は在庫のデータ入力をする中で、
異体字」というものに数多く遭遇しました。

異体字とは、旧字体の漢字と個人の字の崩れや省略などから生じたものです。

古い時代の写本となると、なかなかの曲者で...

斜頸した人の字の癖も相まって、先輩の社員さんですら解読不可能なものも...

崩し字にも一定の規則があるようなので、近いうち、くずし字辞典を書店でチェックしようと思います。






午後は、日本の地図を求めてやって来たスペイン人のお客様のお相手をしました。

その方がたまたまそうだったのか、スペイン人全体に言えることなのか、真相不明ですが、彼らの英語はとにかく早い。

そして、スペイン語訛りがすごい...

yearをイェールと発音され、理解するのにとても時間がかかりました。

あー、ひょっとして、あなた英語がわからないのね?


いや、そうじゃないんだ...!

あなたの訛りが...!

日本の元号を西暦に直して伝えたり、東京以外の地域について説明をしたり。

面接で語学の勉強が趣味だと言ったばかりに、すっかり外国人対応担当に任命されてしまいました...

これも勉強!

ネイティヴの英語にも慣れていかないとですね。

それからそれから。

当店は、高価な商品の中で選ばれたものたちがウィンドウディスプレイされているのですが、今日は私の手で30万円の売上を達成しました。

合計ではありません。

1点の金額です。

これで少しは自信がつきました。

もっともっと、商品の資料価値、魅力をその場で自力でお客さんに伝えられるよう、精進していきたい!

昨日今日で少し働きすぎました。

自分へのご褒美として、何か本を買ってあげたいと思います。

今日くらいは許して...ね?




古本屋見習い日記その3〜はやくも更新が途絶える

8/15 見習い日記

こんにちは、おといです。

古本屋見習い日記。

飽き性の自分には向いてないシリーズ。

気が向いたら更新するシリーズ。

です。どうぞ。



お盆明け。
連休はどう過ごしたか、土産話をしながら今日も業務開始。

私はどこにもいかず、勉強と読書の調子を取り戻したくらいでした。


いつものように、在庫のデータ入力と配送手配。

4日目ながら、だいぶ環境にも慣れ、淡々と業務をこなしていきます。


今日のお昼ご飯はカレーでした。

神保町といえば、本の次にカレーが有名。

ちなみに、神保町にカレー屋さんが多いのは、カレーが本を読みながらでも食べやすいものされたからだそうな。

美味しいカレーをおなかいっぱい食べ、午後の業務スタート。






午後は、店主さんに付き添って商品化されていない在庫の仕分けをしました。

この作業、店主さんの指示であちらこちらと動き回るわけですが、非常に勉強になる時間。

早く一人前になるために知識をどんどん盗んでいきます。

今日は大正〜昭和期に作成された、朝鮮半島の地図の仕分けを任されました。

店主さんは慣れた手つきでまるで紙切れのように扱いますが(丁寧には扱っているが動きが素早くムダがない、という意味で)、
実際は一枚1000〜5000円の商品。

新米の私は、落とさぬよう破らぬよう、慎重に扱います...


売り場で作業しているところに、今日は外国人のお客さんがいらっしゃいました。

江戸時代の東京と現代の東京を比較したい。

そのための資料を探している。

拙い英語力で対応します。

がしかし、江戸という時代は火事やらなんやらの多かった時代ということもあり、地図のような資料はあまり残っておらず希少。

それゆえ、当店にもほとんど在庫がない状態。

また、現代の東京の地図なんてのは、新刊書店で買い求めろ、ということで、これまた当店には在庫無し。


ソーリー、ウィドンハヴユーアルッキンフォ...
アウトオヴストック、ソーリーソーリー...

それでも、せっかく来たのだからと、資料価値のある地図をいくつか購入。

ふぅ...

お客は日本人だけじゃないんですね。

研究材料として価値の高い古書などを扱うがゆえ、海外からのお客さんは意外と多いのです。

英語、頑張って勉強しなきゃ。

新刊書店で働くこととの違いを体感した日でした。


今日は居酒屋さんでの深夜アルバイトが控えてます。

明日も朝から神保町だけど、大丈夫かな。

無理のない程度に頑張ります!!!

また明日、寝坊して遅刻しないよう...

元気に神保町へ来れますように。


それでは、また次回。






古本屋見習いの日記その2〜自覚、決意。


こんにちは、おといです。


8月10日。

2日目の勤務。


早く新しい環境になれたい!



2日目ということで、
昨日の続き、在庫のデータ入力からスタート。

ミスの無いように入力するのはもちろん、

状態確認ののち、その詳細を記録していきます。


勉強も兼ねて、簡単に中身の確認もします。


明治、大正期などに発行された書籍も多いので、旧字体の漢字がなかなかわからない...

先輩方に教えてもらいながら、意味と読みをひとつひとつ確認していきます。


旧字体でなくても、現在ではあまり使われない日本語や、専門用語ともたくさん出会います。

授業の板書をするように、メモ帳にしっかり記録していきます。




復習も兼ねて、今日学んだことばをいくつか。


・御固...「おかため」と読むそう。敬語、警備のこと。

・弘化...天保嘉永の間の日本の元号。1845〜1848年。(世界史選択だったので、日本史に関することになるとサッパリ...)

・〜舗...読みは、「ほ、ふ、ふく」。地図、特に「畳み物」と呼ばれるものを数える単位。また、それが文化財の場合、金偏の「〜鋪」を使う。

とまあ、こんな感じ。



毎日が勉強になりそうです...!







お昼前、おつかいを頼まれました。


都内の公共機関へ購入していただいた資料を届けに行く、というものでした。

電車で移動し、昔からのお得意さんだという民俗資料館へ。


こんなことも古本屋の仕事なんだと驚きました。



店頭に立って、レジをして。

たまに棚を整理して。

入荷した在庫を棚に差して。


こんな毎日を想像していたのですが、現実は大違い。


やってみるまでわからなかったことだらけです。

(うちのお店が例外、という可能性も大いにありますが...)







午後は再び、ひたすらデータ入力。


たまに、ネット出品しているものや目録から注文を受けた品物の配送準備なども。




夕方には、市場が開催される古書会館へ、出品した品物を引き取るために、お邪魔しました。


週末には一般向けに開放されているのですが、平日は組合の業者さんのみが出入りする場所。



「わぁ、自分、古本屋さんなんだ〜...」


古本屋の現場の人間としての自分に、少し感動。


荷物を引き取ったあと、終業まで少し時間が余ったので、そのまま会館内を見学。


古本屋の店員の方をはじめ、市場を運営する職員の方とも挨拶をし、


色んな人たちが古本を通して関わっているだなぁ、と思いました。


自分のような若い世代が、


神保町を、古本屋を、守っていかなきゃいけない。さらなる発展を目指していかなきゃいけない。

そう思いました。



出版業がいくら斜陽産業と言われても。


ネットショッピングの波に押されても。


本を読む人が減ったと言われても。




本と、本屋さんのことが好きな人がいるのなら。

やってやりましょう、古本屋。





日本を元気にする本屋をつくるんだ!



えい、えい、おー。




今日もありがとう、神保町!


明日も頑張ります。


明日行ったらお休みだ!笑






週末は是非、神保町へ。






古本屋見習いの日記その1〜初勤務無事終了。

こんにちは、おといです。




今日は古本屋さんでの初勤務でした。

初心を忘れぬよう、この古本屋さんでの生活を記録して行こうと思います。




まず朝。

慣れない早起きに不安を感じながらも、しっかりと起きることができました。


昨夜はまるで、遠足前夜の子供のようでしたが笑。

張り切って通勤。


就業開始15分前にお店に着くも、誰もいない...

鍵すら開いてない。

あれ、時間見間違えたかな?

そう思い店の前をウロウロ。

程なくして、店主さんを乗せたタクシーが現れました。


新品のエプロンを装着。



...いざ、出陣!




ビル内の案内から始まり、

在庫のデータ入力のためのPCの操作説明、

入力した在庫のジャンル分類、

飲み物やお昼ご飯の買い出しなど、
たくさんのことを教えてもらいました。

週に数回参加するという市場に向けて、出品する商品を選別するなどもしました。



今日一番のニュースといえば、

終わりがけ、中国からのお客様がいらっしゃって、十数万円分をお買い上げ。


富裕層、おそろしい...





初日はさすがの忙しさでした。


知っていることもありましたが、まだまだ知らないことだらけ。


高額な価格の在庫に圧倒されて1日を終えた気がします。



社員さんと同期の女の子の名前も覚えられませんでした...。







明日も頑張ります。

早く一人前になれるように。



そして、いつか持つ、自分のお店のことも考えられる余裕が持てるように。


ちなみに、同期の女の子も、独立志望だそうで。

負けていられません。






それでは、また明日!




報告。憧れの街、神保町で働くことになりました!


こんにちは、おといです。

先日面接を受けたお店から採用の連絡が来ました!!!

ありがとうございます!!!!!



↓(過去ログ)
【人生の転機なるか】 古本屋のアルバイト面接に行って来た話。
http://o-toi19ryujin.hatenablog.com/entry/2018/07/31/114341



本当は昨日連絡が来ると思っていて、昨日一日オフだったのもあってずっとドキドキしていました。

待ち疲れて寝て、そして今朝。

合格のメールが。

同居人がお盆で帰省する準備で慌ただしくしている最中だったので、喜びたくても喜べず。

見た瞬間は現実味を感じなかったのですが。

一人になった途端、安堵と喜び。

あぁ、よかった。
これで救われた。

と。


実際はこれからなのですが、念願の夢だった古本屋、しかも神保町で働けるという現実に感動が込み上げています。


特に試験があったわけでも無く、ごくありふれたアルバイト採用の面接だったわけですが、
僕にとっては人生を賭けるような、
そんな出来事だったわけです。




思えば、三年前。

テレビマンを目指して、一浪の末に入学した大学。

現場を知る講師や教授方に面談を直接申し込んだり、上智大新聞学科の教授にアポを取ったり、将来のために色々行動して。

なのに、経済的な理由で辞めることになって。



甘い未来を20歳の男の子にとっては本当に残酷な現実で。


今思うとみっともないのですが、母の目の前でワンワン泣きました。


大好きだったサークルのバンドにも顔を出しにくくなって。

精神的に参ってしまって、2つ掛け持っていたバイトも辞めてしまいました。




本と本屋さんを好きになったのはそのあたりだったでしょうか。



これからどうしようか。


そうだ。学歴が無いなら無いなりに、自分で勉強しよう。


本を読もう。

浪人してた時も独学だったじゃないか。

授業なんて、要らないよ!


そんな思いで、いろんな本屋さん回って。


そうする中で、今の通信大学に出会って。


神保町という街の魅力にも出会って。


そうそう。そうだった。

今の同居人と出会って、本好きということで意気投合して。


色々あったなあ...





あ〜、なんだかまとまらないけど、

今は、

すごく嬉しい!コーフン!




それだけ。




また落ち着いたら、色々書いていきたい。

もっと僕が好きなものをシェアしていきたい。


ただただ興奮して勢いで書いた記事でした笑


これからは、書評、語学に関することなどに加えて、古本屋さんでの生活のことなんかもシェアしていけたらなと思います。


僕のブログを見て、本屋さんになりたい!と思う人が一人でも増えますように。


日本の本屋さんを生き生きさせたい。


僕の今の目標です。




アルバイト採用待ち〜近況とココロの健康。

こんにちは、おといです。

前回の記事から1週間がすぎました。

結果はメールで通知するとのことだったのですが、今日には来るのでしょうか。

不安で勉強できません...笑


台風の影響で、今朝はとても涼しかったですね。
もう少し太陽が顔を出してくれると、こう、精神衛生もよくなるのですが......


なんだか元気のない日でも、
やれることを確実にやっていきましょう。

慶應通信の他の学友さんは、夏のスクーリングに勤しんでますね。

みなさん、頑張ってください。

僕は、今年も自宅待機。お留守番です。

来年こそは...全期参加のつもりで...!!!




最近はですね、いい感じに勉強できてまして、
英語と中国語とフランス語はほぼ毎日継続してやれてます。

継続は力なり。

その日に量をこなすことより、ずっと毎日少しずつでも続けられることを目指してます。


あとは余力があれば、通信のお勉強。

フランス文学の熱はちょーっと冷めてしまっていて笑、

最近は歴史に取り組んでいます。

東洋史西洋史

大学受験期は倫理と世界史を選択していたので、いくらかやり易いかなーと。

社会科の科目は昔から苦手なんですけどね。

この先、言語学やるにしろ、文学やるにしろ、史学の知識は絶対に必要だと思うので。

教養の範囲、最低限の知識は身につけておかないと!


それと、先日、学友さんと遊びに行った際に購入した小説も。


これを読んでます。



原田マハさん。

原田マハさんの作品は正直、全部好きとは言えないです。
美術関連のものだけ、好んで読んでます。

アート好きな人であれば、多分、いま一番面白い作家さんだと思います。

美術館行くの好き!な方とか、元美術部員です!な方とか。

読んでほしい!!!



楽園のカンヴァスと併せて、きちんと紹介したい作家さんですね。







暑かったり寒かったり、今年の夏は忙しいですね。

気候の変化で、からだやココロに変化が出てうまくいかない人もたくさんいると思いますが、

自分のできることを少しずつやっていけたらいいですよね。

昨日より少しでも成長できたらそれでいいと思うんです。

だから、5分の勉強でも、1ページの読書でもやることができたら、自分を褒めてあげてほしいなーって。

それは、僕自身の課題でもあるんですけどね。


よーし、勉強するかーっ!