フランスかぶれのメモ

慶應通信文学部第3類70期秋。通信の学習状況、書評、趣味の語学について綴りたい。

計画なんて変わってナンボよ


こんばんは。

本日もおつかれさまでした。
おといです。


昨晩は慶應通信の先輩方のブログを拝見しまくりまして、夜更かししてしまいました。


総合科目を上手くこなしていく話が一番ためになりましたね。

その中でも、


経済学のテキストはやたら難しい

経済学のテキストはやらなくてもいい
市販の参考書に代えること

経済学のテキストは難解なので捨ててください


...というように、経済学のテキストについての酷評が目立ちましたね。

経済学に興味があってコツコツとテキストを進めてきた私にとって、驚きというか朗報というか、、

早い段階で知ることができてよかったです(笑)

今後は、市販の参考書で経済学を学んでいこうと思います。



他に気になったのは、

興味のあるものから取り組むのは悪いことではないが、最短で卒業を目指すなら、4単位の総合科目から取り組むべし。


的な内容。


なるほど、2単位だから易しい、4単位だから難しいというわけではないのですね。

特に、歴史科目は範囲が広大で、史学専攻でなければ避けるように書いてありました。



通学過程でも、テストの過去問や落胆など、情報が命でしたが、
それ以上に通信では情報が大事であると知ったのでした。


闇雲にテキストを読み込んで、あとで知るべき情報を知って落胆してては勉強のモチベーションだって続かないですもんね。


定期的に情報収集しないと。




というわけで、今後は、

経済学(市販の参考書)の読み込み

英語Ⅰ

フランス語第一部


の計画で取り組みます。

あとは、11/28のレポート締切に間に合わせてテストを受けられそうな、体育理論も併せてやっていこうと思います。


他の4単位総合科目のテキストも読み進めたいなぁ、、、


やりたい気持ちに反して、疲労した身体は応えてくれない。
時間も待ってはくれず、過ぎていく、、、

精神的にも参ってきそうで。


それでも、読む手を、書く手を止めず、コンスタントに勉強することが大切ですよね。


頑張ろう。
うん、もっと頑張ろう。



おとい