役に立たない慶應通信生のはなし~本とフランス~

慶應通信文学部第3類70期秋。通信の学習状況、書評、趣味の語学について綴りたい。

慶應通信を侮辱したSFCの女子学生について


こんばんは。

本日もおつかれさまでした。

おといです。

コンテンツ量の少ないこのブログに発信力があるのかどうか知りませんが、ちょっと黙っていられないものを見てしまったので共有します。

すでに削除されているために確認できた方は限られていると思いますが、SFCに通われているらしい女子学生による、慶應通信及びそこで努力する方々を激しく侮辱するようなtweetがありました。

本当に知っている人しか知らない話題だと思うので、どうでもいいと言えばそうなんですけど、


なんか、ちょっと残念。
というより、がっかり。

あーあ、言っちまったねえ。




tweetの内容としては、4,50代の人間がどうとか、通信のくせに塾生を名乗るなだとか。



私みたいな慶應通信に入学して間もない人間に対して、「そんな勉強量で満足してんじゃねえ!」的な言葉であれば、通学生からの激励としてありがたく頂戴したものですが。


んー、なんだかうまく言えませんが、自分を慶應通信に導いてくださった先輩方、30,40,50になっても努力を続けている先輩方に向けて投げられた言葉にすごく傷付けられましたね。

加えて、密かに憧れている通学生にちょいと失望。
(もちろん、みんながみんなそういう人だとは思っちゃいない。)



それと。

この件について、必要以上に騒ぎ立てた通信生にもちょいと失望。

おいおい、そんなに言うかね...

といった反応もいくつか見られましたよ。




......と、まあ、タラタラと自分の気持ちを書き殴りましたけど、



何が言いたいって、


通学生の戯言なんて無視して、自分がやらなきゃいけないことに目向けましょう、て動かしましょう!?

ってことです。




正直、通学生が通信生をどう思ってようと関係無さすぎ。

なんなら、その人ら、超えてやろうじゃんよ。

若気の至りってことで、広い心で許してやりましょうよ。

自分ら、そんなに暇じゃないっしょ。


ってことです。




頑張ろ。

頑張りましょう、みなさん。




「な、なんだよ、、、通信の奴ら、なかなかやるじゃんよ、、、」


って言わせましょう。


学ぶことを楽しんで、努力して、
その結果、そう思わせることができたら気持ちいいですよね。












「生産性の低いことは避ける」をモットーに生きてるので、今日はこの辺で。




モヤモヤしてたものがちょっと払拭できたかも。

偉そうに言っておいて、私が一番気にしてたり。







はーーー。






明日も頑張ろう。



昨日から調子いいので、このまま良い波に乗っていたいのでした。




おとい