otoiによるレビューあれこれ

慶應通信文学部第3類70期秋。通信の学習状況、書評、趣味の語学について綴りたい。

4月からスタート中国語。(使用テキスト紹介アリ)


こんにちは。
給料日なのに支払いに追われ、既に金欠です。おといです。


今年も4分の1が過ぎ、4月になりました。
新生活がスタートし、不安と期待の混じった気持ちで過ごされているかと思います。


私はといいますと、絶賛ニート中なので4月も8月も12月も何の変化もございません。笑







前置きはこの辺で...



私先日、とあるお店の求人案内に応募してみたんです。



そしたら、
「販売員の枠は埋まっています。海外のお客様への対応を専門とするスタッフであればまだ空きがありますが。」




...これは!千載一遇のチャンス!


英語とフランス語ができます、
前職で外国人観光客の対応を任されておりました!


自信満々に回答した私でしたが、採用担当の方からの返事は、

「中国語は?できます?」

中国語は勉強してないです。

「あー、残念ですが、中国語もできないと厳しいです。また機会がありましたら、ご応募くださいませ。」

あ、そうでしたか。
失礼いたします。

...





......





.........


.
.
.
.
.
.
こんな感じでチャンスを逃したのでした。
中国語を勉強していなかったために。

英語とフランス語ができるから、中国語が少しでもできれば結果は違っていたかもしれない。


こんなの悔しすぎる。




ということで、4月から中国語の勉強をはじめました!

もち、独学で。


とりあえず、3ヶ月詰めてみて様子見る。

仏検もあるし、大学のレポートも書かなきゃだけど、まあ無理のない程度にやってみましょう。




現在使っている教材はこれ。
『中国語の入門[最新版]CD付き』白水社 山下輝彦著

私の愛する、白水社さんから出てます。
フランス語をはじめとした、語学書に強い出版社さんですね。


このテキストに決めた理由は、
発音、文法、会話、読解といった分野が一冊にまとまっていたから!です。

この一冊をつぶしたあとで、分野別のテキストを使っていこうかなと。



他にも候補はあったのですが、黒田龍之助先生の著作でも紹介されていたのが決め手でした。笑笑



それにしても、
中国語のテキストって、たくさんあるんですねー。
英語の次に充実していると感じました。




.
.
.


さあ、あなたも新年度から新しい外国語をはじめてみませんか?






世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト『トリバゴ』