otoiによるレビューあれこれ

慶應通信文学部第3類70期秋。通信の学習状況、書評、趣味の語学について綴りたい。

古本屋見習い日記その4〜禁欲って難しい

8/16

こんにちは、おといです。

夜勤明けでほぼ徹夜状態。

今日も古本屋として頑張りました。



今日は在庫のデータ入力をする中で、
異体字」というものに数多く遭遇しました。

異体字とは、旧字体の漢字と個人の字の崩れや省略などから生じたものです。

古い時代の写本となると、なかなかの曲者で...

斜頸した人の字の癖も相まって、先輩の社員さんですら解読不可能なものも...

崩し字にも一定の規則があるようなので、近いうち、くずし字辞典を書店でチェックしようと思います。






午後は、日本の地図を求めてやって来たスペイン人のお客様のお相手をしました。

その方がたまたまそうだったのか、スペイン人全体に言えることなのか、真相不明ですが、彼らの英語はとにかく早い。

そして、スペイン語訛りがすごい...

yearをイェールと発音され、理解するのにとても時間がかかりました。

あー、ひょっとして、あなた英語がわからないのね?


いや、そうじゃないんだ...!

あなたの訛りが...!

日本の元号を西暦に直して伝えたり、東京以外の地域について説明をしたり。

面接で語学の勉強が趣味だと言ったばかりに、すっかり外国人対応担当に任命されてしまいました...

これも勉強!

ネイティヴの英語にも慣れていかないとですね。

それからそれから。

当店は、高価な商品の中で選ばれたものたちがウィンドウディスプレイされているのですが、今日は私の手で30万円の売上を達成しました。

合計ではありません。

1点の金額です。

これで少しは自信がつきました。

もっともっと、商品の資料価値、魅力をその場で自力でお客さんに伝えられるよう、精進していきたい!

昨日今日で少し働きすぎました。

自分へのご褒美として、何か本を買ってあげたいと思います。

今日くらいは許して...ね?